女性をターゲットにしているビジネスの場合、女性の特性を理解しておく必要があります。

女性脳と男性脳は考え方が違うことはご存知の方も多いと思いますが、マーケティング戦略においても考慮してください。

女性が購買する大半の理由がインサイト

すき

きらい

という判断をロジックでたてる女性はそんなにいないと思います♡

はじめて出会った人もそう。
はじめて知った商品もそう。

一瞬だけど確かに感じる

「すき」は直感なんです。

あなたが、

・リピート購入するもの

・ヘビロテしているもの

・すきなブランド…

そのお気に入りに、はじめて出会った時のことを思い出してみてください。

 

 

最初は直感で「コレいいかも!」「なんかスキ!」って思いませんでしたか?

たとえば、私の場合「コレいい♡ほしい」と一目惚れした

・サラッとしたスカート
・アイシャドウのカラー
・容器が宝石のような美容液

その最初の一瞬は直感ですき!!でした。

そのあと、

・私はウェーブだからハイウエストのスカートも似合うはず

・私はブルベだからこのシャドウの色も合って使えるはず

・美容液の素敵な容器を、洗面所におくと気分も上がるかも

など自分が納得するような買う理由を探すこともあります。

インサイトという感覚はみんな持ってる

とにかく最初の一瞬は、

うまく言葉にできないけど、すきなものはすき!

って論理的ではない一瞬の感覚。

クローゼットの中を見てみてください。他の人からみたら同じような洋服を数着持っている女性も多いはず笑

私も買った後に、クローゼットをみたら

「似てるやつあるな〜」と気づいても
「ちょっとディテールが違うからいいよね♡全然違うし、両方いい」となります。

論理的ではなく直感

左脳ではなく右脳

「すき」な気持ちこそ

インサイト!

女性って直感が働いて
ほしい♡となることも多いということを、提供側として理解してください。

お客様が思わず動くような心のスイッチを押すインサイトを、見出しやキャッチコピーにちりばめていきましょう。

私は最初「インサイト」という

言葉を知った時腹おちするまで時間がかかって
何冊も本を読みました。

マーケティング用語ってカタカナの横文字や、英語の頭文字をとったスリーレターは、なにかと覚えにくかったり難しいイメージなのですが理解すると当たり前というか。

「人間ってそうだよね」となることが多いです♡

用語自体を覚えることより、感覚がわかり実際の商品サービスに落とし込む方が大切だと思っています。

販売促進のメッセージに活かそう

販促・プロモーションのメッセージに欠かせないインサイト。

「インサイト」は色々な言い換えができます。

・心の真ん中

・本音

・心のスイッチ

・行動理由の潜在心理

・心のホットボタン

などなど。

イメージつきましたでしょうか?

左脳でアレコレ考えるより先にピン!
《コレいい♡》
《ずっきゅーん》
てくる・・・一瞬の感覚。

ちなみに、必ずしもお客様が気づいている心理とはいえなくて気づいていない潜在的な欲求や気持ちであったりします。

そしてもう1つのポイント。

某学習塾のCMの音楽で
「やる気スイッチ君のはどこにあるんだろう〜」と聞いたことありませんか?

そう、人によって違うんです。

勉強する意欲のスイッチの場所も、購買したり、新しいことをするスイッチの場所は人それぞれ。

その様々なスイッチがインサイト!

そして、時系列によってもインサイトは変わってきます。

購入までの時系列別でインサイトは変化する

さて、ざっくり時系列別に分類していきますね。

・購入前

1.知らない人(未認知)

2.知ったばかりの人(認知)

3.知ってからしばらくたって気になっている人(見込み高)

4.知ったけれど特にささっていない人(見込み低)

 

・購入時

5.購入すると決めている人

6.購入の瞬間(3秒〜7秒)

 

・購入後

7.試している人(仮の状態)

8.使ってたり、サービスを利用中の人

9.リピートした人(リピート度 小)

10.更にリピートしてくれている人

(リピート度 中)

11.長期間リピートしてくれている人

(リピート度 大)

12.ファンの人(ロイヤリティ・VIP) 

13.使い終わってそれきり動きがない人(休眠)

14.きらいになって離れた人(離脱)

 

大まかに14。それぞれインサイトに違いがある。
伝えるべきメッセージが変わってきます。

同じお客様(ペルソナ)に対して時系列別にイメージして、ついつい行動してしまうようなインサイトのポイントを発信してみてくださいね。