あなた自身が商品となっていたり、PRとなっているビジネスにおいて自己ブランディングは大切です。

なぜかというと、あなた自身がビジネスや会社の「顔」になるから。

一度ブランディングを作ったら、イメージが定着するまでの一定期間は、変えない方がよいとされています。

でも、自己ブランディングに失敗したり、疲れてしまうパターンも多い。今回はブランディングをし直すことについて書いていこうと思います。

 

セルフブランディングにおいて、自分自身が楽しくいれることも大切です。
あなたが起業や副業をしてビジネスを経営している側ならもちろん、会社員としても言えること。

 

自己リブランディングのタイミング

もし、違和感を感じたりしんどいなら、
サッと自己「リ」ブランディング=ブランディングしなおしましょう。

「今」時点での自分らしさ。楽しいって感覚を忘れないで下さい。

自然体のあなたらしさを全面に出すスタイルでも、ビジネスのために戦略的に作ったブランディング上のキャラクターでもどちらでもいい。

素の自分でビジネスしたい人もいれば、ビジネスとプライベートのキャラクターを分けたかったり色んなパターンがあるけれど、自分が好きに決めること。そして、マイナスな感覚や違和感があった時いつでもブランディングは変えていいのです。

それが成長するタイミングであったり長く続く秘訣でもあります。

自由にセルフイメージをアップデートする

個人での自己リブランディングは、なりたい自分から決めてください。

どんなイメージをもたれたいか
どんな自分がよいか

まず形から入る、こともおすすめです。

たとえば

・髪型を変える
・洋服のテイストをガラリと変える
・今まできたことのない色の洋服を買ってみる
・憧れのブランドバッグを買う
・メイクの方法をイメージに沿って変えてみる

etc…

女性の場合、参考にする雑誌やモデルさんも変わってくるかもしれません。

また、他にも話し方や仕草、行く場所も変えていくのもあり。

リブランディングは自由なので、自分のしたいタイミングでアップデートしていきましょう。

セルフブランディングは《素材》を活かそう

外見からきれいにする理由はやっぱり女性は見た目も美しくあった方がいいから♡というな理由もあるけど、外見を整えることはセルフブランディングに大きく関わってきます。

ビジネスのブランディングにおいて、人のイメージも1つの要素です。その人と提供する商品・サービスやブランド違うイメージだと違和感がでてしまいます。

ただ、あなたの素材には特性があるから「活かす」視点も大切。

なので、まずあなたの素材を《知る》ことから。

その方法の1つとして、カラー診断や骨格診断もおすすめ。

わたしは、カラー診断ではブルーベースのサマーでウィンターも大丈夫。骨格はウェーブという結果でした。

あと、テイストスケールという顔タイプでどんなファッションが似合うかの診断もしたことがあります。

骨格診断(ストレート、ウェーブ、ナチュラル)はウェブの簡易診断も当たると思うので、一度検索してみてみてください。

単純に似合うファッションを知るのも、似合わないものを知るのも楽しいのでおすすめです。

わたしの場合、シンプルだったり、人工的な素材、ちょっと女性らしい方が似合うと言われています。でも、色のうすーいサーファー系のTシャツは高確率で似合いません笑 中学時代から持ってる寝巻きのように見えてしまって、かっこよくならない…Tシャツの良さを見事にころしてしまいます笑

友達はかわいく似合ってるナチュラル系の麻素材も私にはしっくりこない。

でも、結果から、制限されて「コレしか着れない」とキュウクツになる必要もないのです。

…なんて今いっているわたしもシンプルな黒が一番似合うと聞いてクローゼットの中をほぼほぼ全部黒にしてしまったことがあります笑 それは勉強不足でした。今は黒も着るし、他の色も着ます。

大切なのは、とにかく楽しみながら
自分の素材を知って似合う・似合わない色や服を知る。

それから!

なりたいイメージや、すきなテイストに寄せていく。

すきな服を着るのもいいけど似合うものを知るのも気分がいいものです。

ちなみに、全部のテイストがバッチリ似合う人はなかなかいなくてプロのモデルさんでも良さが出にくいファッションもある。

憧れのあの人が似合わないものがあなたには似合うことがある、ということです♡

「素材」と「すき、なりたい」の間をうまく調整していくと、あなたらしい美しさが際立つと思います。

実はビジネスのデザイン設計と概念は同じ。
・あなたがしたいこと、すきなこと
・できること
・求められていること
の間を調整して戦略的にブランディングをする。

あなたが元々もつ魅力である素材をどんどん活かそう!と考えていきましょう。