ブランディングがビジネスの成長や売り上げに大きく影響すると耳にした方も多いと思います。

ブランディングの概念が腑に落ちるよう

ブランディングの元となるブランドとは何か?からご説明します。

 

理解が深まるよう簡単な解説や質問を記載しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ブランドを構成する4つの要素

ブランドとは?

デビット・アーカー教授によりブランドは、4つの要素から構成されているとされています。

以下の4つを自分の商品サービスにあてはまるか振り返ることで、ブランド力アップのヒントになると嬉しいです。

 

1.認知

 

広く認知されていますか?

知ってほしいお客様に対してきちんと知られているかが大事です。

 

2.知覚品質

 

実際の品質以上にお客様に良いと思われていますか?

↑この質問は、スルーせずに一度考えてみてください。価格以上、ではなく《品質以上に》がポイントです)

 

3.ブランド連想

 

一貫性やオリジナリティのあるよいイメージを持たれていますか?

お客様によって違うイメージを抱かれていたら注意です。

 

4.ロイヤルティ

 

何回もリピートしてくれているファン、VIPは何人いますか?

 

リピートを自然と促せるようなお客様との信頼関係が大切です。

CRM (customer relationship management) ともいいます。

 

 

 

ブランディングの基本概念

ブランドを作る4つの構成要素はわかった。けれど、結局ブランドって何なんでしょうか。

ブランド名、ブランドに携わる人間、商品は実在しているもの…

 

お客様の頭の中に存在する

見えないイメージです。

 

提供側が情報を発信して、ニーズからお客様が受け取る。

 

その間に生まれるものが「ブランド」となります。

 

 

smile(提供)ー♡(ブランド)ーkiss(お客様)

 

提供側とお客様の共通認識であり、共通のイメージを作り育てることがブランディングとなります。

 

共通だからこそ実は、ブランドは提供側だけで作れるものではないのです。

 

「ブランドはお客様と共につくる」といわれる所以でもあります。

 

 

✔︎ぶれていないか?

✔︎お客様との認識にズレがないか?

✔︎変わっていないか?(変わったことを伝えているか)

お客様にどうイメージをもってほしいか⁇ を提供側は定期的に振り返って育てていきましょう。