デスクトップにファイルが多い

ファイルの中身の検討もつかないデスクトップの背景が見れない

 

そんな状態になっていませんか?

 

デスクトップもぐちゃぐちゃで、どこになにがあるかわからないと探すことに時間がとられてしまったり、仕事のミスにもつながりやすいので、きれいですっきりする状態を維持するための方法と考え方をご紹介します。

 

一時的なデスクトップの散らかりは許容する

私の場合ですが、デスクトップの状態が仕事が忙しく集中してる時はちらかし放題 笑

 

リアルなテーブルの上でアイディアだしの時に、テーブルの上が資料で散らかるのと同じようにデスクトップ上も、

わーっといろいろな写真やファイルが散乱してる。

 

私は、その方がはかどるんです。

 

集中時に、整理整頓が頭にあると集中が止まってしまうから。

ただ、ひと段落したら整理するって時間を設けています。

 

デスクトップに重いファイルが並ぶとPCの動きも遅くなるので、定期的に整理はしましょう。

ひと段落ついたらバックアップ

整理の仕方は、いらないファイルは捨てて、バックアップは1つにまとめます。

頻繁に使わないものや過去のものはクラウド上に保存する。

 

保存するファイルや、ファイルのタイトルなどもわかりやすく書き換えたり、整理します。

 

そうすることで、あとでファイルを探す時間の短縮になり「あー見つからない!」なんて焦ったりイライラする不毛な時間をなるべく避ける。

 

ちなみに、バックアップとは、大事なファイルなど同じものをもう1つ保存しておくということです。あとは、例えばaとb案があって、a案が採用されたとしても一応、b案も一定期間は、念のため残しておいたりもします。

 

具体的なバックアップ先としては、

私はプライベートのPCはMacを使っているのもあり共有に便利な、グーグルに保存しています。写真ならグーグルフォト。

また、ワンドライブも便利です。

 

さまざまな無料で保存できるサービスがありますが、ストレージ(保存できる量)の制限があるので、使用する目的によって色々使い分けてるのも手。

 

そして、外付けハードディスクを買って保存するのもおすすめです。

 

注意点としては、外付けハードディスクは、実は永久的に安全に保存ができるわけではないので、3年に1度、遅くても5年に1度くらいは新しいものを買って保存をしなおす必要があります。

 

大事な写真だとハードディスクが壊れちゃうとショックも大きいから、放置せずに定期的なタスクとしてきちんと対応することが大事です。

 

自分のスタイルを模索してみて

ちなみにこの方法は私個人の方法で、スタッフによって全然違うもの。

自分にあったスタイルを見つけることが何よりスムーズに仕事を進めることに役立ちます。

 

性格も仕事のやり方も性格も様々なように
デスクトップの状態も様々。

 

集中してめっちゃ忙しい時も、小まめに整理する時間を設けてどんな時もデスクトップ上もきれいな人もいる。

常にきれいじゃないと気持ち悪いらしい。

 

逆に、デスクトップはファイルが山積みで

背景が見れないくらい多いにも関わらず、どこになにがあるかすぐわかって、多くのフォルダの中身を記憶してる人もいる。

あの件〜〜〜って話した時に、驚くほどサッとでてくる。

 

人それぞれ様々で面白いですよね。

どのタイプでも自分の頭の中がスッキリしてることが大事。

 

 

中身忘れちゃったフォルダがあるよーという方や、 PCの動作がカクカクして重くてストレスだよーって人は、 デスクトップから見直してみてください。

いらないものは削除してスッキリ整理してみてね!